村上龍が直視する「夢という言葉が氾濫し、不安が蔓延する現実」

村上龍が直視する「夢という言葉が氾濫し、不安が蔓延する現実」
拡大する(全1枚)

今でこそ「格差社会」という言葉が普通に使われて、「強者」と「弱者」、「勝者」と「敗者」がいることが周知されているが、20年ほど前まではマスメディアがこの言葉を使うことはほとんどなかった。

当時はまだ「一億総中流」という言葉が説得力を持っていた時代。もちろん格差がなかったわけではなく、今の状況を生み出す兆候は表れていたが、そこに目を向ける人は極めて少なかったのだ。

■20年前から格差社会到来を予見していた作家

作家・村上龍氏は、国内に存在する格差について、もっとも早くから指摘してきた人物の一人である。氏のエッセイには90年代から「格差」や、その格差を表す比喩としての「階級」というワードが見られた。

当時の読者はきわめて刺激的で過激な印象を持っただろうし、ピンとこなかった人もいたはずだ。しかし、今の日本に定着した格差と貧困を考えると、やはり氏の慧眼はさすがである。

村上氏が30年以上書き継いでいるエッセイシリーズ「すべての男は消耗品である。」は、刊行当時から、若い世代を挑発・鼓舞するようでありながら、ゆっくりと衰退していく日本でサバイバルしていくための重要な視座を提示してきた。

前述の「格差」に言及してきたのも、主にこのシリーズだったが、最新作となる本書『星に願いを、いつでも夢を』(ベストセラーズ刊)では、この広がり続ける格差社会で、いかに生きていくか、を問い続けている。

■「七夕の短冊」に書くことがない社会とは
編集部おすすめ

当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク