家計簿をつけなくてもOK! ズボラな人でもできる貯蓄術

家計簿をつけなくてもOK! ズボラな人でもできる貯蓄術
拡大する(全1枚)

2016年も残すところ20日あまり。今年はなかなか進まなかった貯蓄を、心機一転、来年は計画的にやっていこうと思っている人はいるはずです。

そこで最初に手を出しがちなのが「家計簿」なのですが、家計簿ってなかなか続きませんよね。エクセルで管理するのも面倒だし、アプリを入れても一回記入するのを忘れるとそのまま放置…。

『家計簿が続かない人の貯金革命』(野瀬大樹、野瀬裕子著、クロスメディア・パブリッシング刊)は、そんな家計簿が続かない人に向けて、銀行通帳とパソコンだけでできる簡単な節約・貯蓄術を伝授する一冊。
その中からズボラでもできる貯蓄のワザをいくつかご紹介しましょう。

■まずは預金の「残高」を気にする

毎月、口座に給料などの収入が入り、そこから生活費や家賃などの支出が出ます。その結果として翌月に繰り越される、口座に残ったお金が「残高」。

この「残高」が前月より増えているか、減っているかどうかをグラフにして、リビングに貼りましょう。こうして目に見える形で貯蓄に対するモチベーションを高めるのです。

■ATMに行く回数は月2回まで!

月末に、現金引き出しと家賃などの振込みで1回、月初に通帳記帳と残高確認で計2回。ATMに行くのはこれだけにしましょう。

手持ちのお金が足りなくなる度にATMに行っていると、いくら使ったのかよくわからないのでどんどんお金を下ろしてしまい、無駄な出費が増えてしまう可能性があります。月初に生活費をまとめて引き出せば、支出が管理できますよね。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク