子どもの才能を引き出す「親の予習」―今、話題の“モンテッソーリ教育”とは

子どもの才能を引き出す「親の予習」―今、話題の“モンテッソーリ教育”とは
拡大する(全1枚)

今、世間から最も注目を集めている教育法といえば「モンテッソーリ教育」でしょう。
公式戦連勝記録を29まで伸ばした将棋界の新星・藤井聡太四段。その集中力を生み出すきっかけとなった教育法として話題になりましたが、ほかにもマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏や、グーグル創業者のラリー・ペイジ氏とサーゲイ・ブリン氏らがこの教育法を受けたと言われています。さらに、イギリス王室でもこの教育方法が取り入れられているとか…!

子どもの潜在能力を引き出す「モンテッソーリ教育」、一体どのような教育法なのでしょうか?

『モンテッソーリ教育で子どもの本当の力を引き出す!』(藤崎達宏著、三笠書房刊)は、国際モンテッソーリ教育協会認定教師の著者が、モッテッソーリ教育のすべてを教えてくれる一冊。本書からその要点をご紹介しましょう。

■0~6歳の「敏感期」、子どもの自主的な学びを大切に

モンテッソーリ教育では、年齢の段階を6歳、12歳、18歳、24歳の4つにわけて考えます。
この中で、もっとも重要なのは0~6歳の「敏感期」。この教育法を確立したマリア・モンテッソーリは「0~6歳の間は、その後の長い人生を生きていくのに必要な80%の能力が備わる、最も大事な時期である」と述べています。

「敏感期」は子どもが何かに興味を持ち、集中して同じことを繰り返す時期のこと。
もし、子どもの才能を大事にしたいのならば、親が子育ての予習をして、しっかり見守ることが大切です。


当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。