「上司は部下の悪口をノートに書くべき」その真意とは?

「上司は部下の悪口をノートに書くべき」その真意とは?
拡大する(全2枚)

1人でも部下を持つ人なら、部下に対してイライラ、ムカムカ、モヤモヤといった感情を持ったことがあるでしょう。

ある調査で、部下への不満をランキングにしたところ、以下のような結果が出ました。

1.言い訳をする 22%
2.注意しても素直に聞かない 19%
3.仕事の覚えが悪い 17%
4.ミスを認めない 17%
5.人間的に気に入らない 15%
6.仕事がまったくできない 10%
出典:日本法規情報 法律問題意識調査レポート 「労働環境に関する意識調査」(2014年3月発表)

こうした不満には、共感する内容も多かったのではないでしょうか。
自分の足を引っ張る部下に怒りを感じる人も多いでしょうし、また、自分自身の指導力に限界を感じる方もいるかもしれません。

ただ、こうした不満を溜めこんでいても、自分のためにも部下のためにもなりません。『簡単なのに驚きの効果「部下ノート」がすべてを解決する』(髙橋恭介・望月禎彦著、アスコム刊)では、上司の不満を軽くし、部下を変えるための「ノート」を使った取り組みが紹介がされています。

■なぜ「部下ノート」で人が育つのか?

本で紹介されている「部下ノート」の書き方はいたって簡単。まずは、普段の部下の気になる言動を1~2行、ノートに書くことから始めればいいのですが、「部下の悪口を書けばOK」なのだそうです。

「また、遅刻した。もう何回目なんだ」とか、「書類の誤字脱字が多い、ちゃんとチェックしないからこういうことになる」といった内容で問題ありません。まずは、部下への不満をノートにぶつけてみると、心がスッとします。


この記事の画像

「「上司は部下の悪口をノートに書くべき」その真意とは?」の画像1 「「上司は部下の悪口をノートに書くべき」その真意とは?」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク