家族・子育て・老い 樹木希林が残した言葉に込められたメッセージ

家族・子育て・老い 樹木希林が残した言葉に込められたメッセージ
拡大する(全1枚)

映画やテレビドラマ、CMで活躍した女優の樹木希林さんが、2018年9月15日に亡くなってから5ヵ月。

味のある演技とともに、インタビューなどの語り口からうかがいしれる独特の人生観が多くの人を惹きつけてきた樹木さんは、確固たる「自分の言葉」を持った人でもあった。その数々の言葉を写真と共にまとめたのが『樹木希林 120の遺言』(樹木希林著、宝島社刊)である。本書では、樹木希林さんが貫いた生き方のエッセンスを読むことができる。

■家族には無関心くらいがちょうどいい

樹木さん家族についてはよく知られている。夫はミュージシャンの内田裕也さん。そして、一人娘の也哉子さん。也哉子さんの夫は俳優の本木雅弘さんだ。樹木さんは家族に対して、どのような想いや考え方を持っていたのだろうか。

樹木さんは、家族に対しては孫に至るまで仲良くというよりは無関心でいることにしていた。孫だと思ったり、婿さんだと思ったり、稼ぎ頭だと思ったりすると、何かあったときに「大丈夫かな」と思ってしまう。他人だと思うことで、そういうことを考えないようにしないようにしていたそうだ。期待をしなければイライラすることもないのだ。

期待というのは、自分側から見た「こうであってほしい」という気持ちの表れだ。向こう側から見たものは違う。人はそれぞれであり、それぞれに異なるみんなが自立して一つの家族を作っている。これは大前提としてあるべきだが、つい忘れてしまいがちだ。


当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク