新世代の英語学習法「英語学習2.0」 その全貌と本質を提唱者に聞く

新世代の英語学習法「英語学習2.0」 その全貌と本質を提唱者に聞く

なかなか英語が上達せずに悩んでいる人、そしてこれから英語を勉強しようと思っている人にぜひ読んでみてほしい本がある。
このほど出版された『英語学習2.0』(KADOKAWA刊)だ。

本書は、大学卒業後マッキンゼーでキャリアをスタートするも英語ができず悔しい想いをした株式会社GRIT代表取締役の岡田祥吾氏が、自身のコンサル時代に使った「問題解決アプローチ」と最先端の科学を英語学習に適用、画期的な「英語学習法」を解説している。

「人によって課題は異なります。自分の課題に適した解決法(学習法)を選ばなければ学習の生産性は上がらない」と繰り返し述べる岡田氏。そして「短時間ですぐに英語力が高まる魔法の学習法は存在しません」とも。

いわば新時代の「英語学習法」ともいえる英語コーチング「PROGRIT(プログリット)」。その全貌とは?
新刊JPは岡田氏にインタビューを行った。

(新刊JP編集部、写真=森モーリー鷹博)

■マッキンゼーでぶち当たった「英語の壁」を乗り越えて起業へ――『英語学習2.0』を読ませていただいて、こうした英語学習の根幹を論じる本はあまりなかったように思っていたので新鮮でした。まずはこの本を執筆したきっかけについて教えていただけますか?

岡田:私自身も経験があるのですが、英語力を上げたいけれどなかなか上がらないと悩んでいる日本人って非常に多いんです。その課題を解決するために私はGRITという会社を創業して、「PROGRIT(プログリット)」というビジネス英会話・TOEICに特化した英語コーチングプログラムを運営しています。もっと多くの人にこの課題解決法を届けたい、今まで多くの日本人がやってきた「間違えた考え方」を正し、本当に英語力が伸びる「正しい学習法」を伝えたいと思い、本を書くことに決めました。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2019年3月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。