挿入はいらない?機能が衰えてもできる夫婦生活の新しい形

挿入はいらない?機能が衰えてもできる夫婦生活の新しい形

「若い頃と比べて妻との夜の生活に自信がなくなってきた」
「性欲はあるのに体が反応しない」
「妻が応じてくれなくなった」

など、年齢を重ねるにつれて増えてくる性の悩みの原因には、単純に加齢によるものから、持病によるもの、そして持病の治療薬によるものまで様々ある。

『中高年のための性生活の知恵』(日本性科学会セクシュアリティ研究会著、アチーブメント出版刊)によると、年齢からくる心身の変化によって中高年層のカップルには「性生活」への欲求の不一致が起こりやすく、結果としてセックスレスになりやすいという。この状況を仕方ないと諦めている人もいれば、なんとかならないかと解決策を探している人もいるはずだ。

自分やパートナーの体の変化や心の変化を感じた時が、これまでの性生活を見直す時期かもしれない。若い頃と同じようにセックスを楽しむのは難しいかもしれないが、自分や相手の状態にあったセックスを見つけることは可能だ。

では、中高年になってから性的に充実した生活を送るためにどんなことが必要なのだろうか。

■挿入にこだわらない

年齢や病気などによって勃起力が衰えたことで、セックスどころかパートナーと触れ合うこと自体を放棄してしまう人は多い。しかし本書によると、たとえ挿入できなくても、愛撫によって女性を喜ばせることは可能であり、それによって男性として達成感を得ることもできるという。

男性機能の衰えはショックなことには違いない。しかし、射精の快感はなくても肌の触れ合いによって満ち足りた気持ちになることはできる。それもセックスの一つの形なのだ。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2019年5月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら