低迷する老舗雑誌をV字回復。敏腕編集者のアイデアを生み出すノウハウとは

低迷する老舗雑誌をV字回復。敏腕編集者のアイデアを生み出すノウハウとは

なかなかいいアイデアが出てこない。チームでブレストをしても発言が少ない。企画に落とし込めない。そんな悩みを抱えている人は少ないないだろう。

メディアファクトリーでシリーズ300万部の『ダーリンは外国人』(小栗左多里著)などの編集を担当、2016年に低迷していた料理雑誌『レタスクラブ』の編集長に就任し、部数の大幅V字回復の旗手となった松田紀子さんは、自身の仕事術について「私がやってきたことは、さしたるテクニックはなく、今すぐにでも、誰でも始められそうなことばかり」と述べる。

それは松田さんが培ってきた編集者としてのアイデアを生み出し、企画に落とし込むスキルが、どの業界においても共通しているということなのではないか。
その仕事術を明かした11月26日発売の新刊『悩んでも10秒 考えすぎず、まず動く! 突破型編集者の仕事術』(集英社刊)は、全業界に通じる「編集力」の極意を公開した一冊だ。

■「会議改革」で編集部が活性化 部数の持ち直しを見せる

2016年6月、松田さんは老舗料理雑誌『レタスクラブ』の編集長に就任する。そのミッションは「傾きかけた雑誌をコミックエッセイを投入して再生し、部数回復せよ。」というもの。

当時、松田さんは料理をあまりしない、いわば「料理初心者」。そして、27歳からそれまでコミックエッセイ畑を歩んできたため、雑誌編集者としても経験が浅い。しかし、こうした背景が大きく生きる。キーワードは「素人目線」だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

新刊JPの記事をもっと見る 2019年11月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。