思っているより恐ろしい!? 睡眠不足が引き起こす脳へのダメージとは?

思っているより恐ろしい!? 睡眠不足が引き起こす脳へのダメージとは?

忙しいときについつい疎かにしてしまうのが睡眠
また、寝付けない、いい睡眠がとれないなど、睡眠の悩みを抱えている人も多いだろう。

その結果、仕事中にボーッとしてしまったり、うっかりミスを犯してしまった経験は多くの人が持っているはず。

ただ、実際には睡眠不足はもっと恐ろしい事態を引き起こす可能性がある。脳の機能を低下させて認知症を引き起こしたり、記憶力を低下させることが、最新の睡眠研究で明らかになっているのだ。

■睡眠不足の時、脳で何が起きているか

『脳が若返る最高の睡眠』(小学館刊)では、脳研究の第一人者である脳内科医の加藤俊徳氏が、脳という視点から睡眠問題を解説する。

寝不足が続くと、どんなことが身体に起こってしまうのか。寝不足によって、脳には以下の5つのダメージを与えると説明する。

1.脳の老廃物を効率よく排出できない
2.海馬を傷つけて記憶力が低下する
3.成長ホルモンが出ずに若さを失う
4.早朝にドーパミンが出ず、やる気が起きない
5.脳と体に炎症を起こす

例えば2つ目の「記憶力の低下」については、睡眠中にも記憶の定着が行われる。
そして、ドイツ・リューベック大学のディケルマン氏らの報告によれば、ノンレム睡眠の中で大脳まで休息する深い睡眠である「徐波睡眠」のステージが、一時的な記憶を保持している脳のネットワークから、長期的な記憶保存をする他のネットワークへの記録の転送を促進していることがわかってきたという。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。