ジャガイモ食中毒の9割は学校菜園で起こる その意外な理由とは?

ジャガイモ食中毒の9割は学校菜園で起こる その意外な理由とは?

ジャガイモ(ソラニン、カコニン)、スイセン(リコリン、タゼチン)など、植物の中には有毒な物質を含むものがある。これらは、植物が動物に食べ尽くされないために、いろいろな仕組みや工夫を凝らしているからだと言われる。有毒な物質を身につけることはその一つだ。

■ジャガイモ由来の食中毒の9割は学校菜園で起こる怪

『植物はなぜ毒があるのか 草・木・花のしたたかな生存戦略』(田中修、丹治邦和著、幻冬舎刊)では、過去10年の食中毒被害データを中心に、生き残るために植物がつくり出す様々な毒と特徴を紹介する。

身近な植物も毒をもっている。中でもジャガイモは植物の毒による患者数ナンバーワン。ジャガイモの芽には、有毒な物質であるソラニンやカコニンが含まれていることはよく知られているかもしれない。なので、市販されているジャガイモで食中毒騒ぎが起こることはほとんどない。

気をつけなければいけないのは、小学校など学校の畑で収穫されたジャガイモだ。2016年の国立医薬品食品衛生研究所の調査で、ジャガイモに起因する食中毒事件の9割は学校菜園で起こっていると発表されている。

なぜ、なぜこんなことが起きるのか。実は、ジャガイモの有毒な成分は芽の部分だけでなく、表皮が緑色になった部分や未熟な小さなジャガイモにも含まれている。学校菜園では、これらのものが収穫されることが珍しくない。

本書によると、学校菜園での栽培方法では、大事な2つの作業が見落とされがちなため、表皮が緑色になったジャガイモや未熟な小さなジャガイモができてしまうという。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月16日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。