相手と距離を縮めたいときの話し方 3つのテクニックとは

相手と距離を縮めたいときの話し方 3つのテクニックとは

仕事でもっと成果を上げたい。コミュニケーション能力をつけたい。
それを叶えるための方法の一つに「人の心を動かす話し方を身につける」ということがあげられる。

『人の心を動かす話し方』(廣済堂出版刊)の著者である和田裕美氏は、外資系教育会社でのフルコミッション営業で成約率98%、世界142か国中No.2の成績を収め、20代で女性初の支店長になり、営業時代の年収は7000万円だったという。
なぜこれほどの成果を残すことができたかというと、「人の心の動かす話し方」を身につけていたからだ。

本書では、引っ込み思案でコミュ力に自信のない人たちのために、「心」を動かす話し方に本当に必要なものを紹介する。

■相手と距離を縮める話し方 3つのテクニックとは

自分の言葉を相手の心に伝えるには、相手から嫌われないことが大事。そこで、より相手との距離を縮めるための話し方が必要になる。
そのために和田氏が挙げている3つのテクニックが「雑談力」「聞き上手になること」「マイナス自己開示」だ。

1つ目の「雑談力」は、本題に入る前の会話のウォーミングアップとなる。
無駄のない会話だけでは人との距離は縮められない。なので、雑談は「意味ナシ、落ちナシ、結論ナシ」の「3ナシ」が基本だと和田氏。あまり考えないほうがいいのだ。

だが、雑談をするのは難しいという人もいるだろう。
そこで、雑談がスムーズにできるようになるために、取り入れたいのが「今ここトーク」と「情報収集トーク」だ。
「今ここトーク」とは、「今ここ」にある話題を見つけてとにかく話すこと。もうひとつの「情報収集トーク」とは、相手の情報をSNSなどであらかじめ仕入れておいて、その話題を振る方法だ。どちらも上手く活用したい。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「相手と距離を縮めたいときの話し方 3つのテクニックとは」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    これ、ヤクザが阿呆なガキを取り込む時うまいでー。安倍もやっとる。

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。