合コンで嫌われる“名言”

合コンで嫌われる“名言”
 日常の場面でさりげなく、偉人達の名言を使うことができたらかっこいいですよね。また、故・寺山修司が『ポケットに名言を』(角川書店/刊)で言っているように、名言は堅苦しいものではなく、誰でも気軽に使っていいものです。
 さて、名言といってすぐに思い当たるのが、偉大なる詩人・ゲーテ。
 今回は『ゲーテに学ぶ 賢者の知恵』(適菜収/編著、メトロポリタンプレス/刊)から、ビジネスや恋愛の場面で使えるゲーテの名言を紹介します。

■ビジネスの言い訳で使える『ゲーテの格言』
 苦労して出した企画書を上司に見せたら「こんなもんダメだ、やりなおし」と一蹴された。
 そんな時は、その上司に

「その時代はすでに来た。私たちは野蛮な時代に暮らしている。野蛮であるということはすぐれたものを認めないということだ。」

 と言ってみましょう。
 上司はすぐに前言撤回し、あなたの企画を認めるかも(?)しれません。
 また、“野蛮”という言葉がキツすぎると感じるなら、

「偉大な才能を備えている君主のみが、臣下の才能を認め、評価できるのである」

 という格言もあるので、状況に応じてどちらを使うか決めるといいでしょう。
 “こいつはデキる!”となるか出世の道が閉ざされるかは、上司の器量次第ですが。

■合コンで使える『ゲーテの格言』
 合コンに行くと、稀に髪を盛り過ぎて身長が30センチほど高くなってしまっていたり、マスカラをつけすぎて不自然なほどまつ毛が長くなってしまった女の子がいたりします。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2010年11月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。