秘書に学ぶ“気づかい術”

 仕事において“気づかい”は重要です。少しでも相手を思いやることで連携が生まれ、チームが活性化しますし、また、ちょっとの気づかいが商談を進める上で大きく影響を及ぼすこともあります。

 その気づかいの“プロ”とも言うべき職種が“秘書”です。
 秘書は会社の社長や副社長、専務といった役職につく人たちが効率的に仕事をこなせるよう、サポートするのが仕事。分刻みのスケジュールをこなすために、秘書はその段取りを行っていかなければなりません。ここでは、ベテラン秘書である能町光香さんの『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』(クロスメディア・パブリッシング/刊)から、細やかな配慮術をご紹介します。

■ちょっとしたことでも「ありがとう」を惜しまない
 ちょっとしたことを手伝ってもらったとき、「やってもらって当たり前」と思っていたりしませんか? 相手にしてもらったことを「大したものではない」と心のどこかで思っていると感謝の言葉をついつい忘れがちになります。
 「ありがとう」という言葉は、相手も自分も気分が良くなる言葉。何度聞いても聞き飽きません。だから、ちょっとしたことでも「ありがとう」と口に出して感謝しましょう。口に出してこそ感謝の気持ちは相手に伝わります。

■ “ひと手間”が相手に伝わる
 「わざわざ自分のために○○してくれた」というシチュエーションはどんな人にとっても嬉しいものですよね。例えば複数人に同じメッセージカードを送るにしても、そのメッセージカードでそれぞれ違う言葉が添えられていれば、「自分のために書いてくれたんだ」と嬉しくなります。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月13日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。