サッカー日本代表はどんな本を書く?

 ガンバレ、日本代表! ということで、現在カタールで開催されているAFCアジアカップ カタール 2011で見事、準々決勝進出を決めたサッカー日本代表。この勢いのまま優勝して欲しいところです。

 さて、激戦に立ち向かうジャパン戦士たちの中には、本を執筆している選手もいます。彼らの言葉からは、フィールドに立った者にしか感じることのできない強い精神を感じることができます。
 今回はAFCアジアカップ カタール 2011に出場している選手たちが執筆している本を取り上げてみました。

■7 遠藤保仁選手(MF)
 遠藤選手は3冊の本を書いてます。2009年の『自然体―自分のサッカ−を貫けば、道は開ける 小学館101新書』(小学館/刊)、昨年9月に刊行された『明日やろうはバカヤロー』(日本スポ−ツ企画出版社/刊)、そして最新刊の『信頼する力 ジャパン躍進の真実と課題』(角川書店/刊)です。
 『信頼する力』はワールドカップ南アフリカ大会の裏で何が起こっていたのか、一人の中心選手の目線からしっかりと読者に教えてくれます。不安から自信に変わったカメルーン戦の一勝の大きさが伝わります。

■8 松井大輔選手(MF)
 13日のシリア戦で負傷し、無念の途中離脱となってしまった松井選手も2冊、本を出しています。その1つは『松井大輔のサッカー ドリブルバイブル』(カンゼン/刊)で、サッカーの教則本です。もう1つが2010年3月に刊行された

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2011年1月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら