気のきいた比喩が思い浮かぶ方法とは?

気のきいた比喩が思い浮かぶ方法とは?
 文章を書こうとしても何も思い浮かばない、何を書いていいかわからない。読書感想文やレポートなどを書くとき、困ってしまった経験があるという人は多いのではないか。

 何を書けばいいのかわからず、何も浮かんでこない。どう書き出して、どう終わればいいのか、よくわからない。題名のつけ方がわからない。読点と段落で迷う。文末に苦労する…。
 文章を書く上で困ったり、悩んだりすることについて大学院生と中学生に聞いたところ、二者の間には勉強の質量に相当な違いがあるにもかかわらず、かなり共通した悩みや困ったことがあることがわかったという。
 『書くことが思いつかない人のための文章教室』(近藤勝重/著、幻冬舎/刊)では、ベテラン記者で名コラムニストとして知られる近藤勝重氏が質疑応答の形式で、頭のチャンネルをちょっと切り換える程度で浮かんでくる文章術、描写力がつき、気のきいた比喩が思いつく方法などを紹介する。

 文章を書く上で、描写力は重要だ。頭の中で思い浮かべたものや、目で見た景色を表情豊かに表現することで文章に深みが出る。では、どうしたら描写力がつくのだろうか。
 まずは、見たことをしっかり伝えるんだという目的意識を持つことだ。意識して、より五感を働かせることによって、普段見逃しているものまで見えてくるはず。そして見たものについて、自分はなぜそう思ったのか、どうしてそう感じ取ったのか。できあいの言葉ではなく、その場でもやもやっと浮かび上がった自分の言葉で書く。「おやっ」と思うことがあれば、その感覚は大事にする。好奇心は自分だけの言葉をもたらしてくれるのだ。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2011年11月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。