子どもを支配したがる「モラ母」とどう向き合うか


 なかには自分の子どもに、自分がされたのと同じように接してしまうという例もあるそうです。愛情の欠落が、世代間で繰り返されてしまうからです。
 『母を棄ててもいいですか? 支配する母親、縛られる娘』には、上記に挙げたようなモラ母との関係を絶つ、つまり娘が母を「棄てる」ことで母への従属を脱し、新たに成長していこうという例が、何例も描かれています。
 
 母親との関係がうまく行っていないような人で、今回紹介した内容に心当たりがあるようでしたら、何が本当の原因だったのか、この本を手がかりに「モラ母」の可能性を疑ってみるのがいいかもしれません。
(新刊JP編集部)

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。