本当の原因は腰? 知られざる肩こりのメカニズム

本当の原因は腰? 知られざる肩こりのメカニズム
拡大する(全1枚)
 だるい、痛い、重い、しびれる…、慢性的な肩こりや腰痛は、早いうちに何とかしたいものです。
 肩こりも腰痛も、原因はほとんどの場合、周辺の筋肉が固まってしまっていること。つまり、これをゆるめてあげれば、症状は改善されます。
 この作業を自分で行う方法を教えてくれるのが、『「体の痛み」の9割は自分で治せる たった90秒!超簡単セルフ整体術』(PHP研究所/刊)です。
 今回は、前回に引き続き本書の著者でセルフ整体マスターインストラクターの鮎川史園さんにインタビュー。セルフ整体の秘密やコツまでお話を伺いました。

―本書で取り上げられている“セルフ整体”を実践するうえで注意点がありましたら教えていただければと思います。

鮎川「たった一つだけです。“セルフ整体”では、患部の場所それぞれに筋肉をゆるめる姿勢があるのですが、その姿勢をとった時に、どこか痛みが生じたりしんどいと思うようならそれ以上その姿勢をキープしないこと。
痛いというのは負荷がかかりすぎているので、少し姿勢をゆるめてあげたり、姿勢を変えて負荷の少ない場所を見つけてください。それさえ守ってもらえればいいと思います」

―すごく根本的な疑問なのですが、なぜ筋肉は固くなるのでしょうか。

鮎川「逆の発想をしてみるとよくわかると思います。
たとえば、人の体に筋肉が固くなる仕組みがないとして、そんな状態で転んだり、運転中に追突されたりしたら、それらの衝撃をまともに受けてしまいますよね。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク