酒場めぐりが楽しくなる一冊

酒場めぐりが楽しくなる一冊
 気の合う同僚と上司や仕事の愚痴を言い合う。年末の忘年会シーズンには、そんなサラリーマンの姿をあちこちの居酒屋で見かけるようになる。そんなサラリーマンやOLたちの仕事終わりの楽しみの場でもある駅前の飲食店街にはルーツがある。

 酒場という舞台でいろいろな人に人生を語ってもらえば、面白い物語が書けるはず。読売新聞メディア局に勤める小坂剛氏は、読売新聞ウェブサイト「YOMIURI ONLINE」で「酒都を歩く」という連載を始めた。この取材に協力したのは、居酒屋を巡るテレビ番組でも有名な太田和彦氏、ノンフィクション作家の吉永みち子氏、フォークシンガーのなぎら健壱氏、社会学者の橋本健二氏など13人。本書『あの人と、「酒都」放浪 -日本一ぜいたくな酒場めぐり』(小坂剛/著、中央公論新社/刊)はその連載をまとめた一冊だ。

 社会学者の橋本健二氏は、格差や階級論を専門とし、フィールドワークと趣味を兼ねて酒場を訪ねている。小坂氏は「フィールドワークの現場を見せてほしい」とお願いし、橋本氏と向かった先は、池袋駅の東0.4キロ、美久仁小路にある「ふくろ 美久仁小路店」。1合瓶で200円の焼酎と、ホッピーや炭酸といった割り材が別売りされ、つまみも300~400円台が中心と安い。
 敗戦後、空襲で焼け野原となった東京では、延焼を防ぐための建物疎開で空き地だった駅前にヤミ市が形成された。池袋東口にも木炭や石炭のカスで固めた地面にバラックや露店が立ち、配給物資の不足で飢えた家族のために食糧を買い求める人でごった返した。しかし、1949年に始まった戦災復興の区画整理によって、店は立ち退きをすることになる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

新刊JPの記事をもっと見る 2013年12月29日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら