「国内投資は殖えない」は本当か?

「国内投資は殖えない」は本当か?
 今も昔も、「資産運用」「投資で利益を出す」「不労所得」は、庶民にとって夢のキーワードです。
 特に今は、投資先として国内だけでなく「海外」に目を向ける人も増えていますが、勘違いしてはいけないのは、海外に口座を開いて預金するだけではダメだということ。預貯金の利子が低いのは日本も海外も同じなのです。
 しかし、ファンドへの投資となると話は別。海外には、リスクを抑えつつも日本よりいい配当を得られる商品がひしめいているといいます。
 『厳選10本のお宝ファンドを紹介!初めての海外投資でしっかり儲ける本』(日本実業出版社/刊)はそんな海外ファンドへの投資ノウハウを、初心者が参入しやすいようわかりやすく解説した一冊。
 今回は、著者の森智紀さんにインタビュー!海外投資のポイントや落とし穴を教えていただきました。

―まずは基本的なご質問なのですが、なぜ今「海外投資」なのでしょうか。

森:日本では、昔から「資産三分散」と言って、資産は預貯金と不動産、株の三つに分散して投資するのがいいとされてきました。
しかし、今の日本の1年定期預金金利はご存じの通りとても低く、0.03%ほど。これだと、1000万円を20年預けたとしても約6万円しか金利がつきません。
不動産への投資は、少子化の影響もあって今後都心の地価やアパート、マンションの家賃が下落する可能性が高いので、リスクが大きい割にリターンが見込めない。
また株価も、円安とアベノミクスの影響で昨年は15000円台まで回復しましたが、2014年に入ってからは14000円台を行ったりきたりで、今後の上昇も期待できそうにないのが現状です。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2014年5月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら