【速報】川端康成文学賞に青山七恵さん「かけら」

前年度に発表された短編小説の中から、最も完成度が高い作品に贈られる川端康成文学賞が発表され、青山七恵さんの「かけら」(『新潮』2008年11月号掲載)の受賞が決まった。

 「かけら」は、姪の鞠子の発熱により、意に反して父親と二人きりで日帰りツアーに行くことになってしまった「わたし」の一日を追ったもの。大学生という微妙な年頃の女性が父親に抱く心情や距離感を緻密な描写で表現したものだ。

 青山さんは2007年、『ひとり日和』(河出書房新社)で芥川賞も受賞している若手実力派作家。今回の26歳での川端康成文学賞受賞は歴代で最年少となる。

 授賞式は6月26日、東京・虎ノ門のホテルオークラで行われる。賞金は100万円。これまでの川端康成文学賞の受賞者には、町田康氏角田光代氏筒井康隆氏などがいる。
(新刊JPニュース編集部)

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2009年4月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら