「今、この場から富士山を動かしてみなさい」…あなたならどう答える?

「今、この場から富士山を動かしてみなさい」…あなたならどう答える?
拡大する(全1枚)
 忙しない現代を生きる上で、自分の心をコントロールするだけでも大変なことです。
 どんな風に考えたら、もっと楽に生きることができるのか。
 どんな風に振る舞えば、もっと自分らしく日々をおくることができるのか。

 八洲(やしま)学園大学国際高等学校の校長、八洲学園大学の教授、そして僧侶でもある岩井貴生さんが執筆した『楽になる禅のおクスリ』(主婦の友社(発売)/ 主婦の友インフォス情報社(発行))は、禅の考え方を通して、悩んでいる人たちへの“おクスリ”を処方する一冊。
 今回、新刊JPは岩井さんをお招きし、本書についてお話をうかがいました。その前編です。
 岩井さんが師匠から出されたという「今、この場から富士山を動かしてみなさい」という問い。あなたはどう答えますか?
(新刊JP編集部)

■「今、この場から富士山を動かしてみなさい」…あなたならどう答える?

――岩井さんは現在八洲(やしま)学園大学国際高等学校の校長、八洲学園大学の教授、学校法人八洲学園の理事でもあり、僧侶でもあります。ですが、以前はアメリカに長年お住まいだったということで大変ユニークな経歴を持っていらっしゃいます。そこの経緯をもう少し詳しく教えて頂けますか?

岩井さん(以下敬称略):アメリカの大学・大学院を卒業した後、日本に帰国せずにアメリカに残って都市開発や都市政策に関わる仕事をしていました。居心地がよくて、気がついたら12年ほどアメリカに滞在してしまっていました(笑)

当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク