今後の世界経済の行く末は「米国株価」が握っている?

今後の世界経済の行く末は「米国株価」が握っている?
 世界経済が混迷しているように見える。
 経済危機に陥っているギリシャは現在3億ユーロをIMFに返済しなければいけないが、6月の返済に応じられないと表明。このままIMFへのデフォルトに陥れば、さらに経済危機は進む可能性がある。
 一方、アメリカでは6月利上げ説が後退し、好調とされていた経済に陰りが見えている。

 フィナンシャル・コンサルタントである若林栄四氏は、3月末に発売された著書『異次元経済 金利0の世界』(集英社/刊)の中で、アメリカの景気は後退、ユーロ圏はデフレに陥り、日本だけが一人勝ちをするシナリオを予測しているが、それから2ヶ月経った今、若林氏の予測通りに推移しているように思える。
 では、実際はどうなっているのか? 新刊JP編集部は若林氏に質問を投げかけた。

 若林氏によれば、本書を執筆した1月頃と「状況はあまり変わっていない」といい、アメリカの利上げ見送りという報道については「その時々の指標にマーケットの短期筋が右往左往しているだけだ」と述べる。では、そんなアメリカの景気はどうなるのか? 若林氏はあと数カ月で株式相場の下落がはじまると予測し、さらに中国も同じ道を辿るとしている。

 では、日本についてはどうだろう。本書ではリフレへの移行が円安、株価上昇、そして実体経済のベースアップという3つの段階がタスキをつなぐ形で進み、現在は円安から株価上昇にタスキがわたったところだと述べられている。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。