弁護士事務所 どのくらいの問題で相談すべき?

弁護士事務所 どのくらいの問題で相談すべき?
 何か法律トラブルに巻き込まれそうになったとき、あなたには気軽に相談できる弁護士の知り合いはいますか? 以前に比べれば身近な存在になったとはいえ、知り合いの弁護士もおらず、いざというとき、どのように行動すればいいのか分からない人は少なくないでしょう。

 『頼る力: 99%のトラブルが解決!かかりつけの法律相談所へ』(合同フォレスト/刊)の著者である吉田章美さんは夫が主宰する弁護士事務所の支配人を務めています。日々、さまざまな法律相談に乗るなかで、「もっと早く相談に来ていれば、ここまで大ごとにならずにすんだのに…」と実感し、かかりつけの歯医者を持つような感覚で、「かかりつけの弁護士」を持つことを推奨しています。
 今回、新刊JP編集部は吉田さんにインタビューをおこない、自分に合った弁護士の探し方などを中心にお話をうかがいました。今回はその前編です。

――まず、本書にある「かかりつけの弁護士」とはどのようなものか、教えていただけますか。

吉田:金銭問題でも家族問題でも何でもいいんですけれど、少しでも困ることが出てきたら、弁護士事務所を頼っていただきたい。そんな意味を込めて「かかりつけの弁護士」という言葉を使いました。
ただいきなり、そういう弁護士を見つけるのもむずかしいでしょうから、まずは1つか2つ、弁護士事務所を訪ねてみることをおすすめします。何人かの弁護士に何度か相談に乗ってもらいながら、自分と相性のいい弁護士を見つけていけばいいと思います。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2015年10月5日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。