WIRED CAFE創業者が語る仕事論

WIRED CAFE創業者が語る仕事論
 「キャリアの8割は偶然で決まる」。キャリア研究の中にはこんな考え方があるという。そして、この考え方を提唱したスタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授は、予期せぬ偶然が起きた時、どれだけ心の準備をしているかどうかが大事だと述べる。
 『ラブ、ピース&カンパニー これからの仕事50の視点』(日経BP社/刊)の著者である楠本修二郎さんの人生は、まさに予期せぬことの連続だった。
 大学を卒業後、リクルートコスモス(現コスモスイニシア)に入社するも、その2か月後にリクルート事件が発覚、当時の池田友之社長の秘書として3年間奔走する。そこから、大前研一事務所などを経て37歳で独立し、カフェ・カンパニーを設立するものの、41歳のときに癌が見つかり、手術することになってしまう。

 それでも楠本さんは立ち上がる。そして51歳となった今では、「WIRED CAFE」をはじめとしたカフェブランドを全国で88店舗展開している、カフェ業界のカリスマ的存在だ。
 しかし、なぜ楠本さんはカフェをつくる事業を展開しているのだろうか? そこには若い頃に偶然遭遇してきた体験が基盤になっているという。

■若い頃の旅が楠本さんの人生を築き上げる
 楠本さんは大学生のころから数多くの国や地域を旅してきた。その旅先でさまざまな「カフェ的なもの」に出会ったことが、現在の仕事につながっているという。

 20歳のときに旅したシンガポールでは、地元の住民やビジネスマン、観光客がないまぜに集うオープンテラスに出会い、アジアの屋台街は、カルチャーを育む「カフェ」なのだと気づく。
新刊JPの記事をもっと見る 2015年12月4日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。