『ダ・ヴィンチ・コード』訳者が明かす、翻訳の現場のアレコレ

『ダ・ヴィンチ・コード』訳者が明かす、翻訳の現場のアレコレ
海外小説を読みたいとき、英語ができない人にとっては、日本語に翻訳された本を読むことになる。そのとき、どんな日本語の文章になっているのか。読みやすさや原書のニュアンスなど、翻訳者の力量にかかっている部分は大きいだろう。それは、その本がおもしろいかつまらないかということにつながってくる。

では、そんな翻訳者の仕事とはどんなものなのか。

『翻訳百景』(越前敏弥著、KADOKAWA刊)では、『ダ・ヴィンチ・コード』(ダン・ブラウン著)の訳者である越前敏弥氏が、ベストセラー秘話、翻訳の勉強法、訳出の心得など、翻訳の仕事の現場を紹介する。

■翻訳者に向いている人、3つの条件

どんな人が翻訳、特に文芸翻訳の仕事に向いているのか。それは「日本語が好き」「調べ物が好き」「本が好き」という3つの条件を満たしていることだという。

一方、「英語が好き」というのは必要条件ではないそうだ。もちろん「英語が正確に読める」ことは必要だが、「なんとなく英語と接しているのが好き」な人にとっては、翻訳よりも向いている仕事はいくらでもあるのだという。

■翻訳者は何を考えて翻訳をしているのか?

また、越前氏が小説の翻訳の仕事をしていて、いつも気にかけているのは、原文の「歯応え」をどれだけ残すべきかということ。読者に対して、どこまでわかりやく噛み砕いたらよいのかを常に考えているという。

わかりやすい訳文を心がけながらも、原文が硬質のものは同じくらい硬質の日本語に、柔らかいものは同じくらい柔らかい日本語にするのが大原則。とはいっても、未知のものや歯応えのあるものをみずから受け入れ、咀嚼し、そのこと自体を楽しむ姿勢が読者の側にない限り、そもそも翻訳文化自体が成り立たないと越前氏は言う。

あわせて読みたい

気になるキーワード

新刊JPの記事をもっと見る 2016年3月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら