副業が儲かりはじめても“すぐに”会社を辞めてはいけない理由

副業が儲かりはじめても“すぐに”会社を辞めてはいけない理由
先月、ロート製薬が社員に対し、他社やNPOで働くことを認める「副業制度」を発表し、話題を呼んだ。
これまでの日本社会では、特に大企業で働く場合、「副業禁止」が常識だったが、同社のように社会的影響力のある企業がこのような決断に踏み切ったことで、今後、副業への風向きが変わるのではという見方もある。
 
筆者自身、副業の経験はない。しかし何かと先行き不透明な時代、リスクヘッジという意味でも、本業一本に絞らないほうがいいのではないかと思うことはある。

しかし、肝心の本業とのバランスはどう考えるべきなのか、もし副業を本業にする日が来るとしたら、それはどういう時なのか?

■副業で儲けられるようになっても“すぐに”会社をやめてはいけない!
『ガラケー男がネット副業で年収5000万円』(扶桑社刊)の著者、五十嵐勝久さんは、新卒で地方銀行に数年勤めた後、証券会社に転職。転職3年目にネット副業を開始し、半年後には副業だけで月収30万円、1年後には月収100万円を達成したという人物だ。

その後、事業が軌道に乗り始めた五十嵐さんは、副業開始5年目の頃から独立を意識するようになったという。だが実際に独立に踏み切ったのは、そこからさらに3年が経過した、副業開始8年後のことだった。
副業によって安定的に月収200~300万円を稼ぎ出していたにもかかわらず、なぜ彼はこれほどの期間、会社員として働き続けたのだろうか。

■独立してもいいタイミングは、副業での年収を目安に考えよ

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2016年4月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら