年収300万円止まりの言葉、年収3000万円の言葉、その違いとは?

彼らは挨拶だけで終らず、上司に対し「将来3000万円稼げる人」は挨拶だけで終らず、上司に「先週(あるいは昨日など)ご指導いただいた件、昨夜よく考えてみて、改めてその大切さがわかりました。今日また実践してみます!」と、自分が上司の指導を尊重していることを伝えるのです。

上司に気に入られるために、多少わざとらしく見えても気にせずゴマをするという態度は、周りから嫌われるかもしれません。しかし、この姿勢は稼ぐための意思の強さだとも言えるはずです。

■「300万円」は同僚と一緒に会社の不満を言う

「いま勤めている会社に不満がある」という人は多いもの。それだけに、同僚同士が会社の不満や愚痴を言っている場面に遭遇することも珍しくありません。

しかし、繰り返しますが、会社で出世して「年収3000万円」を稼ぐためには、会社や上司から評価されないと道が開けません。

大勢で会社の愚痴を言っている人が評価されるはずがないのは当たり前。「年収3000万円の人」を目指すなら、そんな同僚と群れても何の得もありません。だとしたら、取るべき行動は一つ。無理をしてでも会社のいい点を挙げ、自分が会社を好きなことを表現する。

これが「年収3000万円」を実現する人の言葉であり、行動です。

■困難なミッションが与えられたら

上司から難しい仕事を与えられた時にどんな言葉を返すかには、その人の仕事への志と熱意が表れます。

たとえばそれが内心無理だと思えた時、正直に「うーん、難しいと思いますよ」と返しても、上司は怒らないでしょう。しかし、内心では「見どころがない奴」だと思われ、失望されるのは確かです。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。