なぜ仕事の遅い人はいつまでも手が動かないままでいるのか?

なぜ仕事の遅い人はいつまでも手が動かないままでいるのか?
ソフトバンク社長の孫正義さんといえば、メールにはすぐレスポンスをしたり、ツイッター上ではユーザーからの要望に「やりましょう」と答えて実行に移すなど、「即断即決の人」というイメージが強い。

実際のところ、孫さんは意思決定や行動のスピードが速いのだそうだ。

■10秒以内に動く、10秒以上考えたら他人に聞く

では、どのくらい速いのだろか?
考える時間は、わずか10秒。それ以上考えることがあれば他の人の力を借りる。

『頭がいい人の 仕事が速くなる技術』(すばる舎リンケージ刊)の著者で、ソフトバンクの社長室長として孫正義さんのもとで働いた経験を持つ三木雄信さんは、孫さんから繰り返し「10秒以上考えるな!」と言われてきたそうだ。

ではもし、考え込んでしまい10秒で行動を起こせなかったらどうするのか?

そのときは答えを知っていそうな人に話を聞く、幹部たちと議論するといったことを必ず実践していたそうだ。そこから、三木さんは「10秒考えてもわからないことは、それ以上自分で考えても答えは出ない」と学んだという。

■仕事を速くしたいなら、情報と意思決定者を握れ

しかし、いきなり「10秒以内に行動せよ」と言われても、実行するのはむずかしいだろう。

そこで三木さんは解決法を提案する。
以下の二点を意識するだけで、10秒以上考え込むということはなくなるというのだ。

・情報
・権限

まず、プロジェクトが抱えている問題を解決するために必要な、充分な情報を集めるだけで仕事のスピードは劇的に上がる。では何をもってして充分だといえるのかといったら、「仕事の全体像を掴めるまで」が一つの基準になるという。携わっているプロジェクトが門外漢であれば、自分から進んで仕組みや基礎知識を学ぶ姿勢が求められる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

新刊JPの記事をもっと見る 2016年6月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら