100万部突破した“育児本”の裏(2)

100万部突破した“育児本”の裏(2)
 2005年の発売以来売れ続けて、ついに100万部を突破した『子育てハッピーアドバイス』
 意外なことに著者の明橋大二さんは小児科や産婦人科ではなく、精神科医である。 “子育て”“精神科”という、一見関係のなさそうな2つのキーワードが明橋さんの中でどのように繋がったのか?
 
 今回は明橋さんが子育てにかかわることになったきっかけについて語ってもらった。

◇ ◇ ◇

精神科医なのに子育てに関わるようになったきっかけとは?
―明橋さんが精神科医でありながら子育てに関する本を書こうと思ったのはなぜだったのでしょうか?

明橋「本来は畑違いですよね(笑)自分としても“精神科医が子育ての本を書く時代ってどうなんだろう”と思ったりはします。
私は、元々は子ども専門ではなく大人、特に青年期の患者さんのカウンセリングをしていました。そういう人たちは、最初はイジメに遭ったとか仕事のストレスに関して話すのですが、話を聞いていくうちに実は幼少期にずっと虐待を受けていたとか、あるいは親から殴られていたとか、過去の話に行きつくんですよね。そういう根っこがあって元々生きづらさを抱えているうえにストレスが重なって病気になったんだなという認識があって、精神疾患の予防という意味で、子供時代のカウンセリングに関わるようになっていきました」

―青年期から問題の根を探して遡っていったと。

「そうです。それで、小学校のスクールカウンセラーに出たら、そういうサインを出してる子がたくさんいました。でも20歳過ぎてから精神疾患になったら10年がかりで治すくらいの気持ちが必要ですが、小学生だと1年程度で治っていくんです。早期発見、早期対応は効果的だということでそういうケアすることになりました。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2010年2月8日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。