女性に聞いた「希望の聴診器の入れられ方」ランキング

女性に聞いた「希望の聴診器の入れられ方」ランキング
©ぱくたそ

男性が女性と接する時、細心の注意を払わなければならない。不注意で体に触れてしまった場合、セクハラや痴漢で訴えられる可能性があるからだ。

しかし、もし「仕事として女性の体に触れなければならない」となると、どうなのだろう? たとえば男性医師が身体測定で聴診器を女性の胸部に当てる時、どこまで女性の意思に沿うのがお互いにとってベストなのだろうか?

■「触れてほしくない」女性が過半数越えの現実
女性に聞いた「希望の聴診器の入れられ方」ランキング


しらべぇ編集部が全国の女性663名にアンケート調査を行ったところ、もっとも支持された聴診器の当て方は「服の上から」。過半数を越える52.0%もの女性がそう答えた。

服の上下から手を入れるという形を望む人は合計で4割程度であり、極端な回答ではあるが「(触られたくないので)念力で」と答えた人も8.4%に及んだ。

■ブラをがばっと上げられた女性の体験談心臓の音を確かめるには、聴診器を直接地肌に当てることが不可欠なのは、当の女性たちも理解しているはず。それなのに、なぜこのような結果になってしまうのだろう?

しらべぇ取材班が聞き込み調査を進めると、身体測定をトラウマに思っている女性が少なくないことがわかった。

「高校生の頃、学校の身体測定を欠席した結果、大学病院で診察を受けることになりました。医師は50歳くらいのおじさん先生。

なんとなく嫌な予感がしたと思ったら、突然後ろから看護師のおばさんが何も言わずにTシャツとブラジャーをがばっとたくし上げたんです。医療に携わる人なら普通の行動なのかもしれませんが、当時まだ処女だった私は異性に胸を見せたのも初めてで...。

あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2016年3月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。