子供が苦手な人の割合を調査!男女で意外な違いが…
拡大する(全5枚)
©ぱくたそ

子供を見れば「かわいい!」と、笑顔で見つめる女性。そんな姿が、当然のものだと思っている人が多いだろう。しかし世の中には、「子供があまり得意ではない」という人がいるのも確かだ。

しらべぇ編集部が、全国の男女に「子供が苦手」かどうかについて調査をしてみたところ、該当したのは約3割。

子供が苦手な人の割合を調査!男女で意外な違いが…


3人に1人は、子供が苦手と感じながら日常生活を送っているのだ。

■女性には母性があるので男性よりも子供好き...でもない!?

結果を男女別で見てみると...。

子供が苦手な人の割合を調査!男女で意外な違いが…


意外にも、男性よりも女性のほうが子供が苦手な人が多い。女性には母性があると言われるが、全員が持ち合わせていているわけでもなさそう。

編集部が取材した40代女性は、一児の母だ。

「昔から、あまり子供が好きではありませんでした。だから自分が親になるなんて考えられなかったけど、自分の子供はかわいいものですね。ただ今でも、他人の子にはあまり興味がないのが正直なところ」

自分の子供には母性が働くが、他の子にはそうはならないよう。

■ひとりっ子は子供が苦手な人が多い?

また調査の結果、ひとりっ子かそうでないかでも違いが出ると明らかに。

子供が苦手な人の割合を調査!男女で意外な違いが…


ひとりっ子の約半数が、子供が苦手と回答している。ひとりっ子に限らず末っ子にも当てはまるが、自分より小さな子と接する機会がほとんどないまま大人になった人が多い。

またひとりっ子の場合にはひとり遊びを好む子もおり、それも小さい子と遊ばない一因になっていると考えられる。こうしたことが、大人になった今でも苦手意識としてつながっているのか。

この記事の画像

「子供が苦手な人の割合を調査!男女で意外な違いが…」の画像1 「子供が苦手な人の割合を調査!男女で意外な違いが…」の画像2 「子供が苦手な人の割合を調査!男女で意外な違いが…」の画像3 「子供が苦手な人の割合を調査!男女で意外な違いが…」の画像4
「子供が苦手な人の割合を調査!男女で意外な違いが…」の画像5