8万人調査で見えた「幸せな人と不幸せな人」の決定的な違いとは

8万人調査で見えた「幸せな人と不幸せな人」の決定的な違いとは
Tomwang112/Hemera/Thinkstock

「幸せですか? それとも不幸せですか?」と聞かれたら、あなたはどう答えるだろうか。しらべぇ編集部では全国の男女88,321名を対象に調査し、「幸せな人の理由」について探ってみた。

■若者は男性より女性のほうが「幸せ」を感じている
8万人調査で見えた「幸せな人と不幸せな人」の決定的な違いとは


すると、「自分は幸せなほうだ」と回答した割合は若い男女では女性が高いことが判明。20・30代では、それぞれ10ポイント以上も差がついたのだ。

男性だけに着目すると、年齢を重ねるにつれて「幸せだ」と感じる人が増えている。男女や年代での感じ方の違いもあるが、仕事の内容やその地位、職場環境による差も大きいだろう。

高度成長期やバルブ経済時代を過ごした世代と、それを知らない若者世代では、やはり結果は異なってくるのかもしれない。

■幸せな人も「収入」や「仕事」の満足度は高くない幸せな人と不幸せな人の違いを「家族関係」や「収入」などの満足度の違いで比較したのが、次の結果だ。

それぞれの項目ごとの「非常に満足」「やや不満」などの回答を点数化し、満足度が高いとプラス、低いとマイナスの得点で表している。

8万人調査で見えた「幸せな人と不幸せな人」の決定的な違いとは


すると、幸せな人は「家族関係」「趣味」などの満足度が高いという結果に。健康については、50代以上の人が平均値を下げてしまっているようだが、元気でいることを幸せを感じる人が比較的多いよう。

一方で、どの年代でも男女ともに「仕事」では満足度が低く、「収入」にいたってはマイナスである。その結果として、「将来の備え」も十分ではない様子がうかがえる。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2016年7月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら