他人ごとではない!夫以外との子を育てている「托卵女子」の割合が判明

他人ごとではない!夫以外との子を育てている「托卵女子」の割合が判明
拡大する(全4枚)
kieferpix/iStock/Thinkstock

夫婦には「互いに貞操を守る義務」が、法律で定められている。とはいえ、今年に入ってから、いくつもの芸能人カップルの不倫・浮気が報じられ、離婚や休業に追い込まれたケースも。

不貞行為の中でも、とくに悲劇的な結末を招くのが、「人妻が夫ではない男性の子供を宿す」こと。夫婦や浮気男性だけでなく、生まれてくる子供も不幸な運命を背負わせることになる。

芸能界では、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(41)の元妻が、既婚者であるファンキー加藤(37)の子供を妊娠したことが大きな話題となった。

妊娠は離婚した後とのことだが、柴田夫妻の離婚は妻のこの不貞が原因とされている。

■「托卵」妻はどれくらい存在するのか?柴田のケースとは異なるが、妻が夫の子ではなく不倫相手の子供を産むこと、また男性が人妻に子供を産ませることを、ネット等では「托卵」と呼ぶことがある。

他の鳥の巣に卵を産み、自分ではなく他の親鳥に育てさせるカッコウの習性をイメージしたものだ。

こうした背徳行為はどれくらい行われているのだろうか? 全国20~60代の既婚女性435名に調査したところ...

他人ごとではない!夫以外との子を育てている「托卵女子」の割合が判明


1割には満たないが、およそ20人に1人の女性が、夫以外の男性とつくった子供を夫に内緒で育てていることがわかった。なおこれは、「連れ子」を除いた調査結果となる。

■経験人数も影響か?このデータを「男性経験が10人以上・以下」で切り分けてみると、興味深いことがわかった。

この記事の画像

「他人ごとではない!夫以外との子を育てている「托卵女子」の割合が判明」の画像1 「他人ごとではない!夫以外との子を育てている「托卵女子」の割合が判明」の画像2 「他人ごとではない!夫以外との子を育てている「托卵女子」の割合が判明」の画像3 「他人ごとではない!夫以外との子を育てている「托卵女子」の割合が判明」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク