2013年に起きた女優・喜多嶋舞と俳優・大澤樹生の子供が夫と血が繋がっていなかった問題で、他人の子供を夫に育てさせる通称「托卵女子」の存在が明らかとなった。

それによりDNA鑑定で親子関係を確認する父親も急増しているというが、そのなかでも2割は実際に血が繋がっていないという結果が出るそうだ。

■なぜ托卵女子はこんなことを?2割という数字はかなり多いように思えるが、いったいなぜ托卵女子は他人の子供を夫に育てさせるという非道な行為を行うのだろうか?

残念なことに「イケメンで金持ちとの結婚は競争率が高いので、貧乏なイケメンの子供を宿してからブサイクな金持ちと結婚して養育費を得るため」なのではないかという説もある。

だが、実際のトコロDNA鑑定をして血が繋がらないことが分かったら、男性は養育費を支払う必要は無くなるのではないだろうか? そうなったら完全に意味の無い行為に思えるのだが...。

■親子関係がないことを認められた場合どうなる?では、もしDNA鑑定をして親子関係が無いことが認められた場合はどうなるのだろうか?

しらべぇコラムニストで、レイ法律事務所に所属する高橋知典弁護士に話を聞いたところ...衝撃の答えが返ってきたのだった。

高橋弁護士:法律上、婚姻関係のある男女間に妊娠・生まれた子は、夫の子だと推定されます。

例えば夫が「自分の子ではない!妻の浮気相手の子だ!」と主張したい場合『嫡出否認の訴え』つまり「自分の子ではない」という訴えを「子どもが生まれたことを知ってから1年以内」にしなければなりません。

そのため、現状では夫側が1年間自分の子ではないということを知らなければ、特別の事情がない限り、基本的には、夫側は「自分の子ではない」と争う機会がなくなります。そのため、離婚したとしても、養育費を支払う必要があるといえるでしょう。