おやつを持ち歩くのはどの世代?健康面で気になるデータも

おやつを持ち歩くのはどの世代?健康面で気になるデータも
拡大する(全4枚)
©ぱくたそ

8月2日は一般社団法人日本おやつ協会が制定した「おやつの日」だそう。

語源は江戸時代、「八つ時(午後2~3時頃)」にとっていた間食をおやつと呼んだことから。日付は8と2の語呂合わせ「おや(8)つ(2)」になっている。

■おやつを持ち歩くのはどの世代?しらべぇ編集部は全国の20~60代男女1,376人を対象に、おやつに関する調査を実施。カバンの中におやつを入れていると回答したのは、全体の14.6%だった。

おやつを持ち歩くのはどの世代?健康面で気になるデータも


とくに女性の割合が高く、年代別では20~40代女性で約2割。逆に40代以上の男性は1割に満たなかった。

■健康面に注意
おやつを持ち歩くのはどの世代?健康面で気になるデータも


野菜が苦手と答えた人は、平気な人の約3倍、おやつを持ち歩いている。また、太っていると自覚がある人も、全体平均より持ち歩く率が高かった。

■1日の食事バランスを意識しておやつを選ぼう農林水産省のサイトでは、各世代やライフスタイル別に食育の情報を公開している。その中に、若者や単身者向けのトピックスとして、夕食が遅くなる場合は、間食を上手に利用しようとある。

しかし、間食のとり方によっては、食事のリズムが崩れたり、パンやスナック菓子など、カロリーや脂肪の多いものをとると、肥満につながる可能性も。

間食にはカロリーや脂肪の少ないものを選び、量は200kcal以下を推奨している。おやつ選びの参考にしてみよう。

・合わせて読みたい→【え?オフィスにおやつ届けてくれるの?】日本おやつ協会の活動が案外スゴい!

(取材・文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

おやつを持ち歩くのはどの世代?健康面で気になるデータも
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1376名(有効回答数)

この記事の画像

「おやつを持ち歩くのはどの世代?健康面で気になるデータも」の画像1 「おやつを持ち歩くのはどの世代?健康面で気になるデータも」の画像2 「おやつを持ち歩くのはどの世代?健康面で気になるデータも」の画像3 「おやつを持ち歩くのはどの世代?健康面で気になるデータも」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク