イオンが近大開発『うなぎ味のなまず』を売ったのは失敗だった3つの理由

イオンが近大開発『うなぎ味のなまず』を売ったのは失敗だった3つの理由


7月22日、イオンが近畿大学の開発した「うなぎ味のなまず」を発売。絶滅が危惧されるうなぎの代用となるのでは? と大きな話題になった。

...しかし、期待して食べたところ、悲しいことにうなぎよりも『さんま』に近い味がした。これはまだうなぎの代わりには到底なるものではないと感じたのだ。

■ガイアの夜明けでも放送うなぎ味のナマズは8月2日に放送される『ガイアの夜明け』でも取り上げられるようだが、イオンはうなぎ味のなまずを本当にうなぎの代わりになると思って売ったのだろうか? また、うなぎの資源保護を目的として売ったのだろうか?

もし本当にそういった理由で売ったのであれば、この販売はあまり良い結果にならなかったと推測する。その理由をみっつほど説明したい。

(1)販売量が少なすぎるまずひとつめの理由としては、うなぎ味のなまずの販売量が少なすぎるのだ。ネットを見ても「探したけどなかった」、「近くのイオンで取り扱ってなかった」などの声が多数あげられている。

まだ全国のイオンで取り扱える量が確保できないなら、なまずを買えずにうなぎを代わりに買ってしまう人が増えるだけだ。

(2)まだうなぎの代用にはならないクオリティまた、記者以外にもうなぎ味のなまずを食べた人の声として「白身魚」や「サバ」に似ているといったコメントが見受けられた。

うなぎ味のなまずを自負するなら、100人中95人ぐらいがうなぎだと思うレベルでないかぎり、消費者をがっかりさせるだけである。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2016年8月1日のライフスタイル記事
「イオンが近大開発『うなぎ味のなまず』を売ったのは失敗だった3つの理由」の みんなの反応 1
  • 世耕サイアク 通報

    うなぎ味のナマズは、近畿大学の前理事長で今も近大の実質的な支配者でありつづけている世耕弘成(経済産業大臣)が利権を独占しようとして、研究開発が頓挫したようです。世耕サイアクですね!!

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら