自分は「セクハラ野郎」じゃないと思ってる人がセクハラをする?女性でも…

自分は「セクハラ野郎」じゃないと思ってる人がセクハラをする?女性でも…
拡大する(全1枚)

自分は「セクハラ野郎」じゃないと思ってる人がセクハラをする?...の画像はこちら >>

1月15日に第1回が放送された真木よう子主演のドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ系、木22時~)は、男社会で女性に対するセクハラやパワハラといった理不尽な体験をし、またそれを目にしてきた真木演じる主人公が、問題を抱えた女性たち(ひとりのゲイを含む)とビストロを開店し、「男性たち」に勝負を挑むドラマだ。

脚本は、近年では『最高の離婚』(フジテレビ系)などが好評を博した坂元裕二氏。コメディタッチでありながらも、胸が痛くなるような壮絶で陰惨なセクハラを描いた第1話は、多くの女性の共感を呼び話題となっている。

■自分は「セクハラ野郎」じゃないと思ってる人が…

同作は、特にセリフの面において、少しデフォルメされたセクハラ描写をしているといえるだろう。演出上の狙いがあると思われるが、それにより多くの男性は、「こんなセクハラ、おれは絶対にしないよ」という感想を抱くかもしれない。

しかし、ドラマの第1話を受け、働く20代から30代の女性たちにセクハラ体験について聞いてみたところ、「自分はセクハラ野郎じゃないと思ってる人こそセクハラするし、それがいちばんタチが悪い」という声が聞かれた。

●28歳、フリーランス、Hさん

「前にいた会社で、他社のチームと1年ほど共同で事業を行っていた期間があったんですけど、その他社チームはセクハラが酷かったです。みなさん紳士的でちゃんとした人なんですけど、少し打ち解けてくると、『Hさん、今度デートしましょう(笑)』ってメールの末尾に打たれてたり、『Hさんスーツだとエロ過ぎです』とか普通に言ってくるんです。


当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク