「貯金額が0円」な人 その理由と挽回のチャンスとは

Photobuay/iStock/Thinkstock

「経済は緩やかな回復傾向を継続している」との政府の見方だが、企業の業績や給料は劇的に回復しているわけではない。

給料は日々の生活費などの出費で差し引き0円、貯金に廻せる余裕のない世帯が多いのが実情だろう。

実入りが小さければ残る金額が少ないのは致し方ない。しらべぇ編集部では家計の事情以外の「貯金額が0円」になる人の生活について分析してみた。

■「未婚者」に多い「貯金0円」とその理由男女の未婚・既婚の別に預貯金についてまとめたのが次のグラフである。

「貯金額が0円」の人は全体で13.7%、男女の未・既婚別では既婚者のほうが少ない。

共働きになることで世帯収入が増え、家庭という目的ができるため節約や貯蓄意識が高まる効果があるようだ。

■安泰な「専業主婦」と「公務員」同じものを職業別に集計したのが次の結果。

職業別で「無職・家事手伝い」が23.8%ともっとも多いのは当然として、次が「自由業」「商工サービス自営」の順。フリーランスは仕事・収入が不安定なようすがうかがえる。

「公務員」は9.5%で、「経営者・会社役員」よりも「0円」の人が少ない。お金の心配をしたくないのなら仕事はやはり公務員を選ぶべきなのだろうか。

しかし「貯金0円」の人がもっとも少なかったのは「専業主婦(夫)」。収入は配偶者次第とはいえ、共働きせずにすんでおり、お金の心配のない安定した立場といえそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 貯金 アプリ
しらべぇの記事をもっと見る 2016年9月3日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「貯金 + アプリ」のおすすめ記事

「貯金 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「節約」のニュース

次に読みたい関連記事「節約」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら