Facebookに投稿される動物虐待や遺体の写真 ユーザーはどう思う?

©ぱくたそ

Facebookはプライベートの共有をしたり、仕事上で活用したりなど利用方法はさまざまだ。

プライベート利用では旅行など明るい話題を投稿する人がいる一方で、ネガティブな内容も目立つ。とくに苦手な人が多いのが、「ペットの遺体や虐待された動物の写真」である。

投稿している本人にとっては、大事なペットだったり動物虐待を訴えるものだったりするだろう。だが、閲覧して不快に思う人もいるのだ。

しらべぇ取材班では、その実態を聞くことができた。

■動物虐待の写真は怖くて眠れなくなる「10年以上会っていない学生時代の同級生とFacebookで繋がりました。動物が大好きなようで、その人がよく象牙採取やペットショップの実態の動画をシェアしてきます。

それだけではなく、『象の頭が切られて血まみれになった写真』や『犬が虐待されている写真』までアップしています。

ブログと違ってFacebookは友達になった人も見るわけですし、相手が怖いと思う可能性がある写真は控えてほしいです。夜眠れなくなります」(30代女性)

■ペットのお葬式と屍をアップするのはやめて...「仕事関係の方なのですが、家族の一員としてかわいがっていた犬が亡くなり悲しまれていました。

ただ、お葬式での様子や犬の屍の写真まで何十枚とアップしていましたので、さすがにやめてほしいです。朝起きてFacebookを開いたときに見てしまったので、驚愕でした。Facebookの友人が1,000人以上いらっしゃるので、同じように思われた方もいたようです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

しらべぇの記事をもっと見る 2016年9月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら