意見が割れる「車掌による職場放棄」問題 同業者はどうみている?

DAJ/amana images/Thinkstock

21日午前11時ごろ、近鉄奈良線東花園駅で同線河内小阪駅で発生した人身事故のクレーム対応にあたっていた男性車掌が突如線路を歩いて立ち去る事件が発生。

その後しばらくして車掌は高架から飛び降り、地面に体を強く打った。幸い命に別状はなかったが、腰椎を骨折する大怪我に。

思わぬダブルトラブルに、現場は大混乱に陥った模様だ。

■集団でクレームを浴びせられていたなぜこのような事態が起きてしまったのか。この車掌は事故当時、東花園駅で利用客に集団で激しくクレームを浴びせられていたとわかっている。

当初は真摯に対応していたと思われるが、理不尽にも思える物言いにヒートアップし、口論に発展。「やってられない」とばかりに、突然持ち物と制服を捨て線路に降り立ちさってしまった。

職場放棄であり今後厳しい処分が待っているものと思われるが、厳しく理不尽なクレームを集団で浴びせられれば、やる気がなくなってしまうのも理解できる。

それだけにネットでは行動に苦言を呈しつつも車掌に同情する声が多い。







■大阪府民は運転見合わせ時にイライラしやすい残念なことではあるが、電車と「人身事故」は切り離せないのが現状。防止策として「ホームドア」の設置推進が叫ばれているが、なかなか進んでいない。

通勤通学などで事故による運転見合わせに遭遇したら、キレたくなるのも理解できる。また、車掌や駅員は必死に対応しているが、情報が錯綜することも多く、アナウンスが不明瞭でイライラすることも。

しらべぇ編集部の調査によると、大阪府は電車運転見合わせの車内アナウンスにイライラしたことがあると答えた人が多い地域であることがわかっている。

ちなみに車掌は未確認ながら「夜勤明けで帰ろうとしたときに人身事故が発生し、対応に駆り出されていた」との情報も。

かなりの剣幕で怒りぶつけられていたことは間違いなく、「やめてやる」と思っても無理はない。しかし「どんなことがあっても職務放棄すべきではない」との声もあり、意見がわかれているようだ。

■現役車掌に話を聞いてみると...現役車掌のSさんに今回の件を聞いてみた。

「おそらく集団でクレームを浴びせられて、嫌になってしまったんだと思います。車掌も人間ですから、理不尽な暴言に言い返したりする人も多くはありませんが存在しています。それで苦情が入ることも。

駆け込み乗車やドアへの故意な荷物挟みとか本当に頭に来ますし、キレたくなる。でもそれで怪我をさせたら、乗務停止。乗客が無法行為をしても怒れず、行動にうつしたら処罰される。本当に理不尽な世界です」

車掌や駅員が客に絶対服従という意識は、捨てたほうがいい。

・合わせて読みたい→【電車が止まった!】車掌の対応にイラついている年代は?

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年12月20日~2015年12月24日
対象:全国20代~60代の男女1353名(有効回答数)

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2016年9月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら