赤字転落のイトーヨーカドー 行かなくなった消費者の声は?

※画像はwikipediaより引用

セブンイレブンやイトーヨーカドーを運営するセブン&アイ・ホールディングス。2016年2月期の連続決算は営業収益・営業利益ともに増加し、順調な状況が伺える。

ただ実態は報道にもあったように、セブンイレブンは好調である一方で、イトーヨーカドーは純損益68億円の赤字。北千住店や戸越店と次々に閉店を余儀なくされている。

かつては休日の買い物の定番であったイトーヨカドー。赤字にはさまざまな要因があるだろうが、顧客となる一般消費者はどう思っているのだろうか。

しらべぇ取材班は、世間の声を聞いてみた。

(1)あえて行く理由がないので...50代女性:近頃はイトーヨーカドーには行ってないです。食料品を購入するのであれば、サミットやオーケーストアで安くて質がよいものが購入できますので、あえて時間を掛けて大きい店内をぐるっと回って購入することもないですね。

イトーヨーカドーで洋服を買ったこともありましたが、最近はオシャレ着であればデパートで、普段着であれば『しまむら』のどちらか。つまりは、車に乗ってまで「あえて」行く理由がないということです。

(2)単身なのでコンビニとドラックストアで十分20代男性:一人暮らしをしているのですが、そもそもスーパーに行くことがほとんどないです。ご飯は朝は食べず昼と夜は外食ですし、飲み物やカップラーメンはコンビニやドラックストアで購入します。

イトーヨーカドーとかの総合スーパーまで行って購入する男性は、バーベキューの準備とか家族持ちくらいではないでしょうか。私は非リア充なんで、そんな機会は今のところないです。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2016年9月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら