「9月新年度制」をどう思う?採用したら早生まれの概念も変わる

MaxOzerov/iStock/Thinkstock

桜が咲く時期に新年度が始まるのが、日本では当たり前の話。しかし、海外では9月に新年度が始まる地域のほうが多いのが現状だ。

そこでしらべぇでは、全国20代~60代の男女1,368名に対し、「学校は9月新年度制にしたほうがいい」と思う人の割合を調査してみた。

■9月新年度制に賛成は7人に1人すると、「学校は9月新年度制にしたほうがいい」と答えたのは全体で15.0%という結果に。割合としては少ない。

やはり桜が咲く季節は、イメージ的にも華やかで区切りがわかりやすい。そうした理由もあってか、9月に新年度が始まることを望まない人もいるのだろう。

9月が新年度になるという想定をしきれない人も多くいるように思う。

■9月新年度制を採用している国は学校や地域で差がある場合もあるが、9月新年度制を採用している国の一例は下記になる。

アメリカ、イギリス、オランダ、イタリア、カナダ、スペイン、台湾、中国、トルコ、フランスetc...

学校間の国際交流や入学の時期で鑑みると、9月新年度制が世界では一般的。世界の方式に合わせていこうとすれば、9月を新年度にしたほうが世界を目指す人にはよいのだろう。

日本は4月が新年度のため、早生まれは1月~3月生まれの人だが、9月新年度制では早生まれが6~8月だったり、1月1月~12月31日生まれを同学年にするという地域もあるようだ。

■50代~60代は男女ともに平均より高い数字にまた性年代別で比較してみると、50代~60代の男女は9月新年度制を支持する人が多い傾向に。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2016年9月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら