創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ
拡大する(全7枚)

創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売の...の画像はこちら >>

創業明治38年の「きしもと食堂」は、最も古い沖縄そば屋といわれ、麺は厚みのある自家製麺を使用している。創業当時からメニューは4種類のみに限定。週末は店内の35席があっという間に満席状態となり、店の前に列を連ねる。明治38年といえば、ポーツマス条約により日露戦争が終決した年だ。その古い歴史を感じてもらえるだろうか。

今年で創業110年を迎える「きしもと食堂」だが、「きしもと食堂きしもとそば」と銘打ち、全国のファミリーマートでカップ麺の販売を開始した。

今回は、そんな老舗の意外な穴場である2号店「きしもと食堂八重岳店」の沖縄そばと、全国で販売中の「きしもと食堂のカップ麺」を食べ比べてみた。

●本店と同じメニューで同じ味! 穴場の2号店「きしもと食堂八重岳店」

創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ

2004年10月にオープンした2号店「きしもと食堂八重岳(やえだけ)店」は、意外と知られていないのか、観光客には本店を目指す人が多い。だが、メニューと味は本店と何ひとつ変わらず、席数が多いため、ほぼ並ばずご飯にありつける。

メニューは沖縄そば(特大)、沖縄そば(大)、沖縄そば(小)、ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)の4種類。正確にいえば、沖縄そばとジューシーの2品だけといえる。少ないメニューで長年営業してきた強いこだわりを感じさせ、現在も成功を納めている老舗店のモデルケースともいえそうだ。

●「味のこだわりは、自家製麺とスープと豚の角煮」

創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ

県内の沖縄そば屋でも自家製麺を製造する店は少ないなか、この店は店舗にて製麺している。自家製の厚みのある太麺の味は少しうどんに似ており、豚骨をベースに鰹節などの魚介を効かせたスープは、豚骨のこってり感がなくあっさりした醤油味。存在感ある肉厚の豚の角煮は、甘みが染み込みとても柔らかい。


この記事の画像

「創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ」の画像1 「創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ」の画像2 「創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ」の画像3 「創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ」の画像4
「創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ」の画像5 「創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ」の画像6 「創業110年「きしもと食堂」の沖縄そば!本場の味と全国発売のカップ麺を食べ比べ」の画像7