フリック入力で文字を早く打てるのはわずか3割!その攻略法とは

©ぱくたそ

先日しらべぇの記事でも伝えたように、NTTドコモがiモードケータイ(ガラパゴスケータイ)の出荷を、11月~12月めどに終了することを発表した。

時代の流れを感じるところだが、今やガラケーに変わって多くの人が使用しているスマホ特有のフリック入力を、スマホユーザーは使いこなしているのだろうか。

しらべぇでは、全国20~60代のガラケーを使ったことがある現スマホユーザーの男女695名に対し、「ガラケーのトグル入力よりスマホのフリック入力のほうが文字を早く打てるか」を調査した。

■フリック入力で早く打てるのはわずか3割全体の結果を見てみると、スマホのフリック入力のほうが早く打てると答えたのは、わずか3割にとどまる結果に。

日本国内では、2008年にiPhone 3Gが発売されたことをきっかけに、スマホ市場は拡大の一途をたどってきたが、フリック入力の浸透はまだまだなようだ。

■トグル入力派とフリック入力派の意見トグル入力とフリック入力、どちらが早く文字を打てるのかを、ガラケーもスマホも使ったことのある4人に聞いてみた。

・ガラケー/トグル入力派

「一度スマホの操作を教えてもらったことがあるんですが、押す感覚がないことに違和感がありました。それに、すぐ打ち間違えていやになりましたね。結局ガラケーを買いました」(60代・女性)

「フリック入力に慣れないので、文字を打つのは基本PC。スマホで文字を打つことはほぼないです」(30代・男性)


あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2016年11月7日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。