ちょっと異次元?大阪・西成区の楽しすぎる日常4選

全国的になにかと話題に挙がる「天下の台所」こと大阪府。難波や梅田などの中心街はもちろん、アベノハルカスやUSJなど近年注目を集めるスポットが多い。

そんなトレンドとはズレるものの、ツイッター上で「ヤバすぎる」と話題の西成区のオススメポイント、しらべぇ取材班が現地に赴いたところ、実際にはしっかり満喫できたので紹介したい。

(1)コスパ日本no.1  名物「100円お好み焼き」

関西と言えば粉物、ということでまずはお好み焼きの紹介。新今宮駅がもっとも近くビジネスホテルが立ち並ぶ街の一角、四角公園のすぐそばにこの店は存在する。

150円の玉子1個入り、300円の豚大盛りや豚平焼きなどさまざまなメニューが並ぶ中編集部は、取材班ではもっとも安い100円のお好み焼きを注文した。

見た目は至って普通。気になる味は......100円という価格を考えればまったくもって妥当。例えるなら家庭でお母さんが焼いてくれたあの味のよう。

加えて肉もキャベツもしっかり入っており、ボリュームも一般的なものよりほんの少し小さい程度なので、かなりお腹にたまり満足できる。

下町の住民に愛されているのがよくわかるお好み焼きだ。

▽元記事はコチラ!

日本一のコスパ!?西成「100円お好み焼き」が激安

(2)1泊約2000円! 激安『ビジネスホテルみかど』

出張の多いビジネスマンなら一度は使ったことがある「ビジネスホテル」。その中でも『みかど』は、大阪のJR新今宮駅や市営地下鉄動物園前駅から歩いてすぐに位置する好立地だ。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2017年1月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。