飲酒運転をしたことがある人 その素顔に迫ってみると…

(bmcent1/iStock/Thinkstock)

飲酒運転で捕まると、初回で免許取り消し3年間、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金だ。2007年には道交法が改正され、お酒を飲ませた人、車を貸した人、同乗者も罰せられる。

法を厳しくした理由は、飲酒運転の事故は死亡事故になる率が10倍ほどになるため。

しらべぇ編集部で調査したところ、年代によっては、なんと2人に1人が「飲酒運転経験あり」だという。

■発覚しなければわからない、飲酒運転者の実態全国20代~60代の免許保有者1061名に調査したところ、全体の27.2%、4人に1人が飲酒運転の経験ありと回答した。

男女では男性が圧倒的に多い。年代では50代がもっとも高く、ほぼ2人に1人。

50代60代が割合が高いのには、ひとつ理由がある。昭和45年に改正するまで、20年ほど「酒気帯び運転」では罰則なしだった時期があるのだ。

このころから運転をしていた人であれば、「飲酒運転をしても問題なし」とほろ酔い気分で車に乗ったこともあるだろう。そう考えると、50代~60代が高いのも納得できる。

しかし、罰則がある状態でも「ついつい運転してしまった」人がいるのも事実。

■飲酒運転経験者はどんな人?関連する質問の回答結果から見えてくるのは、次のような人たち。

(1)出世していて、年収も高い。容姿にも自信あり。
(2)生活や家族についての満足度が高い。
(3)どちらかというと肉食系、恋愛は自分主導を好む。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2017年1月3日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら