桃太郎は愛知県出身!?「桃太郎神社」がすごかった

桃太郎といえば、岡山県。岡山駅をスタート地点にした街巡りコースを提案するなど、「桃太郎のまち 岡山」をキャッチコピーにしているほど。

しかし、「桃太郎」がいたのは、愛知県犬山市だったのかもしれない。

■名前からして「桃太郎」!しらべぇ取材班が訪れたのは、愛知県犬山市にある「桃太郎神社」。

その名の通り、桃太郎が祀られている神社なのだ。もうすでに見えているが、大量の石像が境内に飾られている。

お出迎えは、なぜか猿。正座をしてご挨拶してくれている。

その左手には、ちょっと微妙な表情を浮かべながら金棒の代わりにのぼりをもつ鬼の姿が。ちゃんと虎柄パンツを履いている。

鳥居をくぐると、キリッとした雉と犬が直立。

もう少し進むと、別バージョンの猿・犬・雉もいるのだ。

この猿、さっきより老けた気がする。

犬はハチマキのせいか、若返り気味。

そして雉。「子供の守神」と書いてあるが、これを見たら子供は泣く気がするのだが...。

もちろん石像があるのはお供たちだけではない。桃を発見したおばあさんに...

芝刈り中のおじいさんもしっかりいる。

■最後に待つのは「桃鳥居」手水舎には龍が首を出している。ここが一体なんなのか、だんだんわからなくなってきた...。

その先には、涙を流しながら悪行を反省する鬼の姿が。

鬼の目からはポロポロと雫が垂れており、本当に泣いているように見える。こんな姿を見せられたら、桃太郎でも許さざるをえないだろう。

2つの鳥居と数々の石像の横を通り抜けると、最後に現れるのが「桃鳥居」だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク