高橋名人が『しくじり先生』に登場 名人時代の壮絶エピソードに涙

高橋名人が『しくじり先生』に登場 名人時代の壮絶エピソードに涙
(画像はYouTubeのスクリーンショット)

「16連射」「ゲームは1日1時間」を代名詞に、ファミコン全盛期に活躍した「高橋名人」こと高橋利幸さん(58)。

当時、子供たちの憧れの的として夢を与え続けた名人だが、28日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな』(テレビ朝日系)に出演し「夢を壊した」と話題に。

■「ゲームが超ヘタ」名人へのイメージが壊れる番組では「わたしダマしてましたSP」という企画を放送。「夢壊していいですか?」というセリフとともに、これまで名人を取り巻いてきたイメージについて語った。

じつはゲームが大の下手だった名人。超人的プレイに見えた数々のプレイは、ゲーム開始2分間までの箇所を猛練習した名人の努力の結晶だったとのこと。

また、高橋名人の誕生秘話についても触れられた。当時、ハドソンの社員だった名人は「社内のひとりを有名にしよう」という会社の方針によって「つくられたゲーム名人」だったという。

しかし、その代償は大きく、普段の営業の業務だけでなく、地方での名人としての活動に追われていた名人。激務による過労状態に陥ったという。追い打ちをかけるように、給料以外でもらえたギャラは0円だったことも明かした。

その結果、全身にじんましんが発生し、動くこともままならなくなり、仕事に対する考え方が変わったと語る。

■「子供たちの笑顔のために」一連の流れに、ネット民からは「会社のしくじりじゃないか」「高橋名人は会社に従っただけなのに」と同情の声があがった。

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2017年5月29日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら