東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは

東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは
拡大する(全11枚)
©sirabee.com

かつて、福島県双葉郡浪江町に「大堀相馬焼」と呼ばれる、青磁色の美しい伝統工芸品があった。

「青ひび」と呼ばれる葉脈のようなひび割れや、相馬藩の御神馬が描かれているこの陶器は、焼きあがると表面に繊細な亀裂音が入る。

これを「貫入」(かんにゅう)と呼び、陶工たちは「陶器のあげる産声だ」と表現して我が子のように慈しんだという。

地域の文化を担う大きな役割を果たしてきたこの焼物が、ある日を境に姿を消すことになる。2011年3月11日に発生した、東日本大震災だ。

浪江町は、福島第一原発から10キロメートル圏内のため「帰還困難区域」に指定され、20件以上の窯元は全国に離散しなければならない事態になった。

■展示販売会が開催震災後は避難を余儀なくされた事業者たちだが、その後、複数の窯元が県内外に工房を再建。

東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは
©sirabee.com

10月4日から郡山市の「うすい百貨店」で、5つの事業者が集結した展示販売会が開催されるということで、しらべぇ取材班は販売会に訪れた。

東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは
©sirabee.com

素朴でありながら、力強く個性的な美しさを持つ皿や

東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは
©sirabee.com

トルコブルーの美しいコーヒーカップも販売。モダンなデザインの作品も多い。

■個性溢れる、色とりどりの陶器福島市に避難した、女性窯元の近藤京子さんが当主をつとめる「近徳京月窯」の作品は、丸皿やランプシェードは女性ならでは優しさを備えており、繊細に色付けされている。

この記事の画像

「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像1 「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像2 「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像3 「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像4
「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像5 「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像6 「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像7 「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像8
「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像9 「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像10 「東日本大震災で消滅した幻の「大堀相馬焼」が一新 職人たちの懸ける思いとは」の画像11
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Sirabeeの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク