「最終回?」と困惑も 『アンパンマン』30年目突入節目の放送が「神回」と話題

やなせたかし氏が生み出したアンパンマンは、子供たちの永遠のヒーローだ。

2018年に放送30周年を迎える『それいけ! アンパンマン』(日本テレビ系)だが、30年目突入となる第1375回を6日放送。視聴者から「神回」と絶賛の声が挙がっている。

「最終回?」と困惑も 『アンパンマン』30年目突入節目の放送が「神回」と話題
(画像は戸田恵子オフィシャルブログからのスクリーンショット)

■アンパンマンファン必見の記念回記念すべき第1375回は「アンパンマンとどろんこ魔王」。

どろんこ魔王は1989年公開の劇場版第1作『それいけ! アンパンマン キラキラ星の涙』に登場した敵キャラクターだが、映画版とは異なるストーリーが展開された。

アンパンマンとばいきんまんの誕生シーンから始まり、宿敵・どろんこ魔王との対決、ばいきんまん一派との共闘など、まるで劇場版のような胸が熱くなる展開が続く。

■やなせうさぎに感動さらに注目すべきは、やなせ氏をイメージした「やなせうさぎ」の登場シーンだろう。

放送終盤、空腹で動けないやなせうさぎにアンパンマンは自分の顔を分け与える。元気を取り戻したやなせうさぎに「いつでも呼んでくださいね。どんなに離れていても必ず助けに来ます」と飛び去った。

まるで雲の上のような、不思議な湖に立ちアンパンマンを見送るやなせうさぎは、2013年10月13日に亡くなったやなせ氏が「天国から見守っている姿」を象徴するかのようだった。

■神回、完全保存版の声しらべぇでは既報だが、アンパンマンの声を務める女優・戸田恵子(60)も、この日の放送に触れていた。

「この1375回には、最後にやなせうさぎさんが出てきます。やなせうさぎさんをアンパンマンが助けるのですが、今日は台詞を言いながら何度も胸にこみ上げてくるものがありました」

視聴者にとっても、胸に込み上げてくるものがある放送だったようだ。













■「永遠のライバルがいる」のは6.4%しらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,368人に「永遠のライバルがいる」か調査。「いる」と答えたのは全体では6.4%、男女では男性の方がやや多い。

「最終回?」と困惑も 『アンパンマン』30年目突入節目の放送が「神回」と話題
©sirabee.com

アンパンマンとばいきんまんという「永遠のライバル」が手を取り合い、巨悪と闘う姿は、子供たちだけでなく大人にも感動を与えた。

この放送を見た視聴者の心にも「勇気の鈴」が鳴り響いたことだろう。

・合わせて読みたい→高知県アンパンマンミュージアム近く「やなせたかし先生の墓」が美しすぎる

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1368名(有効回答数)

あわせて読みたい

しらべぇの記事をもっと見る 2017年10月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら